HOME > 2014年度パンフレット > 柔道整復学科

2014年度パンフレット 柔道整復学科


 「ありがとう」+笑顔(^0^)=よろこび

Q.柔道整復師(柔整師・接骨師・整骨師・ほねつぎ)の仕事と施設について教えてください。

A.柔道整復師(柔整師・接骨師・整骨師・ほねつぎ)は骨折や打撲、捻挫など運動器の損傷に対して治療施術を行う仕事です。柔道整復師(柔整師・接骨師・整骨師・ほねつぎ)は医療系の国家資格学生写真5になるため、3年間、国認可の専門学校で知識と技術を学び、国家試験に合格する必要があります。そのため学校内には接骨院や実習室などの施設が揃っています。

Q.卒業したらどのような方面で活躍できますか?

A.柔道整復師(柔整師・接骨師・整骨師・ほねつぎ)が活躍する現場として主に接骨・整骨院、もしくは整形外科や病院などがあります。その他スポーツの現場でトレーナー、スポーツクラブで運動処方などをしている人もいます。さらに大学や大学院などの研究施設で研究を行う人など様々です。


Q.柔道整復学科の特徴について教えてください。
学生写真4

A.「解剖学」などの医学の基礎はもちろん、大川学園医療福祉専門学校では医療現場での経験が豊富な先生が多く、資格取得後すぐに現場で活躍できるように実践的な授業を数多く行っています。柔道大会やスポーツイベントに救護要員として参加し、その経験を積むこともできます。




学ぶ事ひとつひとつが患者さんのためになります。


痛みを抱えている方々から「ありがとう」と笑顔で声をかけてもらえる事が何よりの喜びであり、やりがいを 感じる学生写真3瞬間です。
柔道整復学科の学生は、高校の新卒者・大学の新卒者・社会人経験者など、幅広い年齢層の学生が在籍しています。医学の知識・柔道の経験など大多数の学生がゼロからのスタートです。ひとりひとりに対応できるようにクラス担任を設け、それにより懇切な指導・きめ細やかなサポートが確立されています。



自分が楽しく学べる場所で将来の目標に向かって進みたい
大川学園医療福祉専門学校は体験入学会で来た時に、学校の雰囲気や先生や先輩の対応の良さに魅かれて入学を決めました。勉強は専門的なので難しいですが、学校やクラスは楽しいので頑張りたいと思います。
学生写真1

自分のキャリアアップのために資格取得それを支援してくれるので助かります。

 介護の仕事を10年ほどしていた関係で大川学園の良さは知っていました。柔道整復師(柔整師・接骨師・整骨師・ほねつぎ)は自分の介護の仕事の延長線上にあり、スキルの向上のために資格取得を目指しています。

学びたいという強い気持ちを私たちはサポートします
学生写真2

 私自身、大川学園医療福祉専門学校では知識や技術はもちろんですが、何よりも医療人としての心構えを学ぶことができました。柔道整復学科では3年間で90時間の臨床実習を接骨院で行なうのですが、通院される患者さんの見学や治療の助手作業を通して、実際の症例や医療人としての姿勢を学ぶ貴重な経験ができます。この経験は国家資格取得後必ず役に立つものだと思います。



学科 柔道整復学科 鍼灸学科 介護福祉学科
取得資格
柔道整復師 

 国家試験受験資格
学位

 専門士(医療分野)

はり師・きゅう師

 国家試験受験資格

学位 

 専門士(医療分野)

介護福祉士

 国家試験受験資格

学位

 専門士(教育社会福祉分野)

課程 昼間部 3年間

夜間部 3年間

昼間部 3年間

昼間部 2年間
パンフレット 柔道整復学科へ

 (柔整師)

鍼灸学科

 (はり師・きゅう師

介護福祉学科

 (介護福祉士)